100倍の利益を稼ぎ出すビジネス書多読のすすめ「レバレッジ・リーディング」

多くのビジネスパーソンに衝撃を与えたロングセラーの読書術
訓練不要であなたの思考が劇的に変わる。

上記の帯文に惹かれ本田直之さん著の「レバレッジ・リーディング」を読みました。

レバレッジ・リーディングとは

レバレッジ・リーディングとは多読の事を意味し、せいぜい1,500円ほどのビジネス書を多読すると、その何倍もの利益が生み出せるよという事

僕は自己啓発本、ビジネス書といったものは買っても読み切らずに放置してしまう事が多いけど、この「レバレッジ・リーディング」はスラスラ読めました。

著者は1日1冊のビジネス書を読んでおり、読書する時間が無いというビジネスマンに対し「本を読まないから時間が無い」と謳っています。

ビジネス書には、努力の末に成功した人がその知識やノウハウを書いたものがたくさんあります。それを読むということは、成功した人のやり方から学ぶということにほかなりません。その知識やノウハウを自分流にアレンジして仕事に役立てれば、もっと効率良く仕事をすることができます。本を書いた人が何年も何十年もかけて体得したノウハウを、わずか一冊の本を読むだけで手に入れることができるのです。そのうえで自分なり工夫を加えれば、早く、少ない労力で、成功にたどり着ける。その結果、時間に余裕が生まれるというわけです。

引用内の自分なりの工夫というのがレバレッジ・リーディングにあたるわけですね。

自分が読んでみて重要と思った点を紹介します。

[outline]

本探しは投資物件選び

レバレッジ・リーディングは本選びも重要です。ビジネス書を読むことは自己投資にあたると考え、本選びは投資物件選びに相当すると伝えています。

目的を持って本を選び、またその中でも自分に読みやすく、理論を中心に書かれた「教養型」ではなく、経験をベースにした「経験型」の本を選ぶ事を薦めています。

つまり、著者の成功経験のなかから自分に必要なノウハウを抽出し自分なりに工夫し、実行すれば手っ取り早いという事です。確かに論理的に説明されるよりも、経験の話は自分に置き換えて考える事ができ応用もしやすいと感じますね。

カテゴリー集中法

本を読む目的がはっきり決まっている場合は、そのジャンルの本を片っ端から購入し徹底的に読む。一人の著者の意見だけではなく、複数の本を読んでみて同じ内容の記述が出てきたらその内容は誰もが認める重要な部分です。

カラーバス効果

読み始める前にこの本から何を得たいかをイメージしておけば、たとえ飛ばし読みをしていても大事な箇所に差しかかったとき何か引っかかる。この何かひっかかるが「カラーバス効果」というらしいです。カラーバス効果をうまく使うと、素早くページをめくっても、目的の個所で目が止まるようです。

自分にあった読書環境を見つける

自分が読書に集中できる場所を探し、読む時間も決めてしまい読書を習慣にする。
無限に時間があると思うと必要無い部分まで読んでしまうため制限時間を本を読み始める前に決めてしまう。

80対20の法則を読書に応用

本の中では80対20の法則と紹介されていますが、パレードの法則とも言うらしいです。

パレートの法則(パレートのほうそく)は、イタリアの経済学者ヴィルフレド・パレートが発見した冪乗則。経済において、全体の数値の大部分は、全体を構成するうちの一部の要素が生み出しているという理論。80:20の法則、ばらつきの法則とも呼ばれる。

引用:パレートの法則 – Wikipedia

80対20の法則を読書に応用すると、本から得られるリターンの80%は20%を読むだけで得られる事になる。その為、2割読めばその本で伝えたい事は理解出来るという事。

そして、2割の内容を読む為にカラーバス効果を使用し、必要な部分以外は飛ばして読む。その際、必要と感じた部分では本の端を折って目印にし、特に重要と感じた部分では本に直接線を引き、メモを残す。

今まで、このように端を折ったりメモを直接書くなんて考えもしなかったので衝撃でした。教科書に蛍光ペンで線を引いたりしたのと同じ発想ですね。

読後のフォローが最重要

レバレッジ・リーディングはここが絶対に必要

端を折って目印にし、特に重要と感じた部分を読み返し1枚の紙にまとめます。
この、「レバレッジメモ」を印刷して持ち歩き、度々確認する事で実生活で実践できるように刷り込んでいき習慣化する。

この本が刊行されたのが2006年だったので、著者は1枚の紙と伝えていますが、今だったらEvernoteなど、様々なデバイスで確認編集できるドキュメント管理のサービスを利用するのも有効だと自分は感じました。

まとめ

「レバレッジ・リーディング」100倍の利益を稼ぎ出すビジネス書多読のすすめ

早速この本でレバレッジ・リーディングを試して見ました。

レバレッジ・リーディングは練習が必要無いのですぐに実践することができます。

重要部分にメモを残す事で後から見返した時に分かりやすく、まとめるのが簡単にできました。この記事を書くのも非常にやりやすかったです。  

興味ある人は是非読んでみてください。





シェアしてくれたら嬉しい!