「ゲームマーケット2017秋」に行って新作アナログゲームを楽しもう!気になるゲームも紹介!

ゲームマーケットとはアナログゲームのイベントの名称の事で、次回は12月2、3日に東京ビックサイトで開催されます。

○開催概要

開催日 2017年12月2日(土) 10時~17時
2017年12月3日(日) 10時~17時
会場 東京ビッグサイト(東京国際展示場) 東7ホール
住所 〒135-0063 東京都江東区有明3-11-1 東京ビッグサイト(東京国際展示場)
主催・運用 株式会社アークライト/ゲームマーケット事務局

アナログゲームとは、カードゲームやボードゲーム、テーブルトークRPGなどのゲームのことです。3DSのようなゲーム機を使って遊ぶのではなく、物を触れながら会話を楽しみながら遊ぶ、そんなゲームです。

僕自身は最近アナログゲームの魅力にはまったばかりで日が浅い初心者ですが、アナログゲームには初心者も上級者もないと思ってます。

新作ゲームや何十年も前に作られたゲームを、老若男女問わずみんなが楽しく遊べる事がアナログゲームの魅力の1つだと思っています。

なので、やった事ないけど興味がある!って人はこの機会に行ってみてもいいと思います。

そんなアナログゲームのイベントが12月に行われると聞き調べていると、気になるゲームがあったので紹介します。

文絵のために

公式サイト→文絵のために

タイトルからはどんなゲームか全く想像つかないですが、ループ体験型マルチエンディング2人用カードゲームだそうです。

なぜ、このゲームが気になったかというと、作者さんが以前自分が紹介した「ラブレター」というゲームの作者さんだからです。

ラブレターもゲームにストーリーがあって細かい設定にこだわりを感じていました。実際に遊んでも非常に楽しいゲームです。

新作の「文絵のために」のストーリーも既に公式サイトに載っています。

あの日、文絵が死んだ。
死因は身内以外には明かされなかった。不治の病だったとか、交通事故だったとか、
友人たちの間では色々と話題になったが、本当のところは家族にしか分からなかった。

引き込まれるストーリー内容になっているので、気になる方は公式サイトに詳しく書かれているのでご覧ください。

PVも公開されています。

取り置きの予約も開始されていたので、僕は予約をしました!当日混みそうなので早めに行って受け取りたいと思っています。

イベント入場のチケットは当日も買えますが、Amazonでも先にマップ兼入場券が販売されているようです。

買ったゲームは後日紹介したいと思います!

それではまた!





シェアしてくれたら嬉しい!

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

CAPTCHA