ハゲタカカードを奪い合う「ハゲタカのえじき」を紹介!

こんにちは!

今日は最近買ったおすすめの心理戦カードゲーム「ハゲタカのえじき」を紹介します。

ハゲタカのえじき(Hol’s der Geier)は、ドイツのカードゲーム。1988年にラベンスバーガー社から発売された。日本ではツクダ プレイシングス社から発売され、現在はメビウスゲームズ社が販売している。作者はアレックス・ランドルフ。プレイ人数は2 – 6人[1]。1988年、ドイツ年間ゲーム大賞にノミネートされた。
非常にシンプルなルールながら、同じ数字を出さないようにお互いの心理を読み合う部分にゲーム性がある。

商品概要

商品名 ハゲタカのえじき
プレイ人数 2~6人
プレイ時間 15分
対象年齢 7歳以上
内容 ハゲタカカード15枚
数値カード6色x15枚
おまけ
説明書
発売日 1988年
本体価格 ¥1,500~
作者 アレックス・ランドルフ

セット内容

・数字カード:90枚(1〜15までの数字各一枚ずつのセットが6色)
・ハゲタカカード:15枚(-1〜-5、1〜15まで各1枚)
・説明書
・おまけ(発売元のメビウスゲーム社の他のゲーム紹介カード)

▼説明書

このゲームの進め方が書いてます

▼ 数字カード

1〜15までの数字が書かれたカードセットが6色あります。プレイヤーが好きなカードの色を選んで最大で6人遊べます。
5人以下で遊んだ場合、カードのセットが余りますが使わなくて問題ないです。

▼ ハゲタカカード

このゲームを奪い合います。

▼おまけ

他ゲームの紹介が書かれたカード
ごきぶりポーカーとカルカソンヌは買う予定です。

ゲームの準備

数字カードを色別にわけ、各プレイヤーは同色の1〜15のカードのセットを受け取ります。
つまり自分の持つカードは15枚ですね。

ハゲタカカード15枚は混ぜた上で伏せ、中央に山にしておきます。

ゲームの進行

今回は3人でプレイした状態を例に進行します。
ざっと流れを説明します。

1、ハゲタカカードの一番上のカードを1枚めくり、山の横におきます。
今回は「7」のハゲタカカードがでました。
このカードをプレイヤーが奪い合う事になります。

2、プレイヤーは自分の手札をから好きなカードを一枚選び、自分の前に伏せて出します。

それぞれのプレイヤーが好きなカードを出します。

3、全員揃ったら一斉にカードを表にします。

4、ハゲタカカードを取る人を判定し(※判定方法は後述します)取る人は自分の前にハゲタカカードを置きます。

使用した数字のカードは各プレイヤーの前に裏返しにして置きます。このカードは再利用できません。

5、1〜4の流れを15回行うとハゲタカカードと手札が丁度なくなるのでゲームの終了になります。
取ったハゲタカカードの数字の合計が大きい人が勝利です。

ハゲタカカードを取る人の判定方法

プレイヤーが出した数字のカードを同時に表にした際に
誰がハゲタカカードを取れるかの判定方法です。

ハゲタカカードがプラスの場合

ハゲタカカードがプラスの場合は手札から出したカードが一番大きい人が、そのカードを取ります。

▼この場合は青の14が一番大きいので青のプレイヤーが取ります。

ハゲタカカードがマイナスの場合

マイナスの場合は数値が一番小さい人が取ります。

▼この場合は茶の1が小さいので茶のプレイヤーになります。

※マイナスのカードは合計の数値が下がるのでなるべく取らないようにするべきです。

特別ルール

一番大きな数字カード、もしくは小さいカードが他の人と被っていた場合、それらは打ち消し無効になり、次のカードの数値を出した人が取ります。

この場合は一番大きい数値は13ですが被ったので、次の11を出した青のプレイヤーがハゲタカカードを取ります。

ハゲタカカードがマイナスの場合も同じです。

一番小さいカードの4を出している2人が被ったので、次の5を出した人がマイナスカードを取る事になります。
5人以上で遊んでいて、次のカードも被っていた場合はその次のカードを出した人が取ります。

もし、すべてのカードが被りハゲタカカードを取る人が決められない場合は、ハゲタカカードを残し次のハゲタカカードをめくり、残したハゲタカカードと合わせて奪い合いになります。

残っていたカードと新しくめくったハゲタカカードの合計の数値がプラスの場合は一番数値カードが大きい人
合計の数値がマイナスの場合は、数値カードが一番小さい人が総取りになります。

15枚目の最後のハゲタカカードが誰も取れない場合は、そのまま誰のものにもなりません。

遊んでみた感想

ルールが非常に簡単なので、初めて友達と遊んだ時も少し説明するだけで理解して遊ぶ事ができました。ルールは単純ですが、考える部分は多いです。

大きいハゲタカカードは欲しいけど、15を出すと他の人と被ってしまうだろうか。。とか
プレイヤーが今まで出した数値カードは伏せてしまうので、あれあいつの残りカードってなんだっけ?など
他のプレイヤーが出したカードを記憶しておく必要もあります。

一回のプレイ時間も数分でできるので、時間が空いた時にすっと遊べるのもいい点ですよね。説明もさっとで終わるし。
お正月やクリスマスで人が集まる時に、余興で遊ぶにもぴったりなゲームだと思います。

興味があれば是非!!





シェアしてくれたら嬉しい!

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

CAPTCHA