MacのSteamにPS4のコントローラーを認識させる方法!

こんにちは!スープボーイです。

MacのSteamでゲームをする時に、キーボードではなくPS4のコントローラを使って遊ぶことができるのを知っていました?

今日はPS4のコントローラをMacに認識させる方法を紹介します!

ゲームによってはキーボードのみでしか遊べない設定になっている物もありますが、アプリケーションを使えばコントローラを使って遊べるので、その方法は後述しますね。

有線で接続する場合

有線で接続する場合は、簡単に認識させることができます。

まずmicroUSBをPS4のコントローラとMacに繋いで、Steamのクライアントを開きます。

▼環境設定>コントローラ>一般のコントローラ設定をクリック

▼コントローラ設定画面になるので、「PS4設定サポート」にチェックを入れれば使用することができます。

Bluetoothで接続する場合

無線で接続したい場合はBluetoothを使います。

PS4本体とPS4のコントローラを既にペアリングしている場合は、先にPS4本体の電源を切っておきましょう。

PS4本体とのペアリングを切っても問題ない方は、

コントローラ裏にあるボタンを爪楊枝などで景気良く刺すと、ペアリングを解除できます。

MacのBluetoothを「入」にした状態で、PS4のコントローラの「SHAREボタン」と「 PSボタン」を同時に長押しします。

するとコントローラ側が「チカチカッ・・・」と点滅を始め、ペアリング先を探し始めます。

Mac側のBluetooth環境設定を開くと「Wireless Controller」と表示されます。PS4のコントローラのことなので、「ペアリング」ボタンを押します。

▼Bluetooth環境設定画面

▼「接続済み」と表示が出れば接続完了です。

以上が、MacとPS4のコントローラの接続方法になります。

キーボードのみ対応ゲームもコントローラを使用する方法

コントローラを使用して遊ぶ事ができるゲームは、先ほどの接続で操作できるので問題ないのですが、

そもそもゲーム自体がコントローラの使用ができないものがあります。

そういったゲームには、コントローラの操作をキーボードに変換する必要があります。

その場合僕は、「Joystick Mapper」というMac用アプリを使用します。

有料のアプリにはなりますが、設定方法が分かりやすかったので使用しています。他に「Enjoy2」など無料のアプリもあるようですが使用した事がないので、今回は説明を省きます。

Joystick Mapper※有料です

Joystick Mapperはキーボードやマウスの入力をコントローラに割り振ってくれるアプリケーションになります。

このアプリを使用すればキーボードやマウスと同じ動きをコントローラで自由に再現することができます。

自分で設定をいくつか保存できるため、ゲームによって使いわける事ができます。

Joystick Mapperの使い方

Joystick Mapperを起動する前に先にPS4のコントローラをMacに接続させた状態にしておきます。

Joystick Mapperを起動し、

▼「Add a new preset (新しいプリセットを追加する)」をクリック

▼「Add new Joystick (新しいジョイスティックを追加)」をクリック

(Nameの部分に何用の設定かわかるように名前をつけます。Tagは別につけなくても問題ないです。)

▼「Add a new bind (新しい結び付きを追加する)」をクリック

▼するとこのような画面になります。

▼左のコントローラのアイコン部分にマウスを持って行くと「Scan」と出てくるのでクリック

すると下記のような文章が表示されます。

「Hold any button or move any axis in your Joystick. Press ESC to cancel」

(PS4のコントローラの好きなボタンや十字キー、ジョイスティックを動かしてね。キャンセルはescだよ)

▼Scan中にコントローラの「○」を押しました。

▼右の四角で囲った部分で「○」に対してキーボードの何を割り振るか決めます。

(この状態だとコントローラの「○」を押すとキーボードの「A」を押したことになります。)

設定が決まったらまた「Add a new bind (新しい結び付きを追加する)」をクリックして他の入力の結びつきを決めていきます。

▼下図は僕のテラリアの設定例になります。

全ての設定が終わったら、左上の赤い閉じるボタンを押します。

▼最初の画面に戻るので、名前の横のチェックをクリックすると設定した動きを認識し始めます。

以上がJoystick Mapperの使い方になります。

まとめ

MacでPS4コントローラを使用できると快適に遊べるゲームが増えるので是非使ってみてください。

もし、PS4本体がなくてもコントローラだけ買って使用してみても便利なのでオススメです。

テレビにMacのモニタを表示させ、PS4のコントローラで遊ぶなんて事もできちゃいます。

それでは良いゲームライフを!!





シェアしてくれたら嬉しい!

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

CAPTCHA