Steamでおもしろいゲームの探し方と買い方を詳しく説明!

こんにちは!スープボーイです。

今日はSteamでおもしろいゲームの探し方と、買い方について詳しく説明します。

↓MacでのSteam導入方法を説明しています。Winでも基本は同じなので参考にどうぞ!

Steamで面白そうなゲームの探し方

Steamでは有名なゲームからマイナーなゲームまで、大量のゲームが販売されています。

面白そうなゲームを探そうと思った時に、もちろん誰もが知っている有名なゲームを検索で探すのも良いですが、埋もれているマイナーなゲームを自分で探して遊んでみるのも楽しいですよ。

誰も知らないようなゲームを見つけて試しに遊んでみると、思いもしない発見があります。

僕が新しくゲームを探す時は、主に下記のような方法で探します。

Point1.好きなジャンルから
2.フォローしているキュレータから
3.話題の新作や売上順位から

詳しく説明していきます。

1.好きなジャンルからゲームを探す方法

ジャンルをチェック」から様々なゲームのジャンルを選べます。
僕が注目しているのは「独立系開発会社」というジャンルです。

中小の独立系開発会社が販売しているゲームを「独立系開発会社」というジャンルで分けられています。
SteamではゲームをPCにダウンロードして遊ぶので、パッケージやディスクなどの物理的なメディアを必要としません。

開発者は販売代理店を探す必要もないので、中小の独立系開発会社が手軽に販売する事ができます。

つまり開発者1人でゲームを開発して販売するなんて事もできるのです。

そんな独立系開発が出しているゲームは、大手が販売できないような尖ったゲームもあるので、見逃せないジャンルになっています。

2.フォローしているキュレーターからゲームを探す。

キュレーターというのは

ユーザーが Steam カタログ内から興味を持ちそうなゲームを見つけられるように、おすすめを教えてくれる個人あるいは団体のことです。

つまりキュレーターというのは、プレイしたゲームをわかりやすく評価しておすすめしてくれる人や団体の事です。

キュレーター自身が実際にプレイした感想を教えてくれるので、どのようなゲームか想像し易いです。

キュレーターの趣味が自分と近ければフォローしましょう。自分がやっていない様々なゲームを知ることができます

3.話題の新作や売上順位から

3つ目は新作のゲームや、売り上げが良いゲームから探す方法です。

Steamの「ストア」ボタンを押してスクロールすると画面のような「話題の新作」や「売り上げ上位」でゲームを探せます。

売り上げ上位はそれだけ人気があるので、面白いゲームが多いです。

実際にゲームを購入する流れ

欲しいゲームが見つかったらゲームを購入してみましょう。

今回は僕が以前から気になっていた「Oxygen Not Included」を実際に購入した流れを参考に説明します。

ゲームタイトルのストアページを開きます。

ゲームの詳細を写真や動画で見ることができます。右の赤枠で囲った部分はプレイした人の評価が表示されるので参考になります。

僕が購入する際に特に気にしている部分を赤枠で囲みました。

① カートに入れる
ゲームを購入するボタンですが、注目すべき場所は割引しているかどうかです。Steamでは度々大規模なセールを開催するので、どの程度割引されたか確認できるのはありがたいです。

②言語
日本語が公式に対応しているかどうかも気にしましょう。

Steamで販売されるゲームは海外製が多いので日本語が対応していない場合が多いです。

日本語にチェックマークが付いていれば対応しています。ですが、ここにチェックが入っていない場合でも有志の方が翻訳してくれたmodを配布している場合もあります。

日本語化されていないと嫌だよって方はmodが配布されているかどうか、検索でゲームをよく調べてから購入しましょう。

③キュレーターの意見
先ほど説明した「キュレーター」の評価になります。フォローしているキュレーターがプレイしていた場合は、ここにキュレータの評価が表示されるので参考になります。

自身のPCがゲームに対応しているかは要チェック

使用しているOSやスペックが足りないと、最悪ゲームがプレイできません。システム要件は必ず確認しましょう。

早期アクセスとは

ゲームを探していると「早期アクセス」という表示がされたゲームがあると思います。

「Oxygen Not Included」もまだ開発中の「早期アクセス」ゲームです。(※2018年1月20日現在)

早期アクセスとは開発途中のゲームという事です。

開発途中のゲームへ今すぐアクセスしてコミュニティと共に自分も参加しよう。プレイヤーがフィードバックを送信すると、開発者が更新したり、コンテンツを加えたり。プレイしている最中にもゲームの開発が進みます。

我々は、ゲームとゲーム開発はユーザーやコミュニティが関わることで成長し、進化していくサービスであると考えています。 最近この開発モデルを採用した数々の有望なタイトルがあり、そのプロセスに好影響を与えています。いち早くゲームを世に出したい、開発にゲーマーのアイデアを取り込みたい、より良いゲームを作るためにコミュニティとつながりたいという開発者の支援と後押しができればと思っています。

バグなどおかしい部分もたまーにありますが、ゲームを楽しむことは十分にできます。

早期アクセスとは開発者に支援できる側面もあります。

ゲームにバグを見つけた場合はフィードバックを送ってあげることで、開発者と一緒にゲームを育てていける感覚が味わえます。

購入方法

それでは、ゲームを購入してみましょう。

「カートに入れる」を押すとショッピングカートに移動します。

「自分用に購入」と、フレンドや特定の人にプレゼントできる「ギフト用として購入」が選べます。

自分が遊ぶ目的で購入する場合は「自分用に購入」をクリックしましょう。

支払い画面ではクレジットカードやコンビニ払いなどが選択可能です。

支払い方法を選択して、「続ける」を押します。

ゲームができるまであと少しです!

表示された支払い方法の情報に問題なければ「購入」しましょう。

するとクライアントのライブラリでダウンロードが確認できます。

ダウンロード完了でゲームを開始できます。

まとめ

Steamには本当に色々なゲームがあって、安いゲームでもおもしろいゲームは沢山あります。

僕はMacを使用しているので、できないゲームもありますが十分楽しめています。

↓MacでのSteam導入方法を説明しています。Winでも基本は同じなので参考にどうぞ!

↓僕が実際にプレイしたおすすめのゲームです

それではまた!





シェアしてくれたら嬉しい!

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

CAPTCHA