花粉症が辛い人にはレーザー治療という選択肢があるよ【体験談】

鼻垂れボーイ
こんにちは!10年以上花粉症に悩まされている鼻垂れボーイです。
僕は重度の花粉症です。様々な対策をしても改善せず、鼻が詰まり過ぎて寝れない日々が続いたので思い切ってレーザー治療に行ってきました。

色々問題はありましたが、結果的には効果を実感できたので体験談話しますので、花粉症に悩んでいる人の選択肢の一つとして参考程度に読んでいただければと思います。

僕が実際に行ったレーザー治療を行ってくれた大城クリニックについて

東京の新宿にある「大城クリニック」で治療していただきました。

理由はインターネットで調べた時に1番目に出てきたから。ネットで治療の予約ができ、土日も診療が可能だったので調べ始めてから10分で決めました。
この勢いで決めた事が後ほどあのような事になるとは、この時には知る由もなかった。

ネタバレ
治療後3日間は鼻水が出てしまうんですが、それにめっちゃ苦しめられます。

特に口コミなど見ずに決めましたが、きちんと調べてクリニックを選んだ方が良いと思います。結果的には自分は大城クリニックさんに行って良かったと思っています。

レーザー治療にも種類がありますが、今回は大城クリニックさんが行なっているレーザー治療方法などについて詳しく紹介します。

大城クリニックのレーザー治療について

大城クリニックさんはレーザー専門総合病院で、慶應義塾大学病院と病診連携して新しい治療法なども研究している結構有名な病院らしいです。TVでも紹介された事があるらしいです。

「ミディアムレア」で粘膜をちょうど良い感じに焼く

大城クリニックのレーザー治療は「ミディアムレア」の治療を行なっています。

一般に行われている光破壊型レーザー治療とは異なり「光融合型レーザー治療」で、鼻の粘膜を焼却や切除するのではなく、花粉に対する反応を鈍くする治療法です。なのでミディアムレアと呼んでいるようです。

レーザーを照射する場所は下鼻甲介と呼ばれる粘膜で、粘膜の状態は変えずに表層の性質を少し変えるだけなので、体の負担を軽くしつつなるべく効果が出るようにしています。

一般的には花粉のシーズン中にはできないレーザー治療が、この治療法ではシーズン中にも可能になります。治療時間も非常に短く3〜5分程で終わってしまいます。

予約から治療当日の流れ

僕は水曜日に予約してその週の土曜日に治療を行いました。治療時間が短いのもあり、大人数を効率よく回せるため予約も比較的簡単にできました。ホームページも工夫されていて、スムーズに予約ができます。

スープボーイ
辛いと思ってから治療まで非常にスムーズだったのでありがたい!

当日は事前に説明などを複数人同時に行うため予約の20分前に行く必要があります。その時間に予約した人が集まったら、スライドを見ながら医師の方が詳しく治療法や効果などを説明してくれます。

説明が終わると個人での問診が始まります。病院に着いた順に呼ばれるので早めに行ったほうがすぐ診てもらえます。

問診では鼻の中の状態を診て、問題なければそのまますぐ治療開始になります。
心の準備ができでいない方や、スライドの説明で不安になった方はお医者さんにここで直接相談したり、場合によっては辞退する旨を伝えた方が良いです。こちらから特に何も言わないとすぐ治療が始まってしまいます。

鼻の中の状態を診てもらい、治療する箇所の腫れが大きいと一度の治療が難しい場合があるそうです。
問題なければ鼻の中にスプレーで麻酔をし、治療を開始します。僕は問題なかったのでそのまま治療していただきました。

問診から合わせると計10分程度で終わりました。治療中の痛みは麻酔をしているのもありますが、さほど痛みは感じません。ですが、異物が鼻の奥に入っている感じはするので、少し気持ちが悪いと感じる人もいると思います。

インフルエンザの診察時に綿棒で鼻の中をグリグリされる感覚と似ていると思ってもらっていいです。僕はこのグリグリされるのがとても苦手で、10分という短い時間ですが、本当に辛くて涙が出てきました。でも大人なので我慢しました。

スープボーイ
子どもの時にやっていたら100%泣いて嫌がったと思う。

大城クリニックでは望めば同時にアレルギー検査をしてくれるので、治療が終わったらそのまま血液検査の注射になります。こちらも待ち時間合わせて10分ほど終わります。

会計をした後は最後に経過観察とアレルギー検査の結果を聞くための予約をして、この日は終了になります。帰りに処方箋をもらって帰りましょう。

治療費はアレルギーの検査と合わせて保険が効いて1万5千円ほどです。これが高いのか安いのかわかりませんが、僕はこれで花粉症の症状が和らぐと考えれば安く感じました。

病院に着いてから約1時間で終わりました。治療した日はお酒や湯船に入る事、激しい運動をしてはダメとのことです。

治療後どうなったか

一言でいうと地獄でした

なぜ地獄だったか?それは治療に反応して鼻水が3日間はどうしても出てしまうんですが、この鼻水が花粉症で出る鼻水より異常に多かったからです。

僕だけの症状かもしれませんが、鼻水が3日間異常に出続けました。壊れた蛇口のように鼻水が常に出続け、鼻が完全にいかれたと思いました。ずーーーーと鼻をかんでいるので鼻は荒れ、頭が痛くなり、喉も真っ赤になりました。

夜中も喉が痛くて寝れずに正直治療をしたことを後悔もしました。
処方薬を飲んでいるので、いつも飲んでいる市販の花粉の薬を飲めないのも原因だったと思います。

ですが3日を過ぎたあたりからこの症状も落ち着き、かなり鼻水の量も減っていきました。

1週間も経つと花粉症の症状はかなり軽減しました。目のかゆみは今回のレーザー治療では治らない部分なので相変わらずかゆいですが、鼻水はかなり減りました。

治療後2日目までは不安でしたが、やっと治療して良かったと思えました。

さいごにまとめ

治療後の数日間の鼻水は相当辛いですが、結果的にはかなり症状が軽くなりました。僕は治療して良かったと感じています。

あくまで、今回の記事は僕の体験談になりますので、この記事を読んでレーザー治療に興味が出た人がいらっしゃいしましたら、ご自分で病院を調べ、またお医者さんにしっかり相談してから治療をするようにしてください。

花粉症に悩む人の1つの選択肢になれば思い今回記事にしました。

それではまたー





シェアしてくれたら嬉しい!

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

CAPTCHA